バジリスク~甲賀忍法帖~lll(エレコの機種一覧)

2016/11/28 導入
new
更新日:2021年5月16日
この機種の設置ホール

GUIDEWORKS

攻略情報Powered by GUIDEWORKS

基本情報

機種概要

多くのスロッターから絶大な支持を得るバジシリーズに待望の新作が登場する。その名も『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』。この冬、全スロッターを熱狂の渦に巻き込むであろう回胴界の大本命マシンだ。

ゲームフロー

ボーナス確率・機械割

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのボーナス確率・機械割

打ち方とチャンス役の停止型

通常時の打ち方

バジリスク~甲賀忍法帖~lllの通常時の打ち方の紹介

BCを揃える時以外は、基本的にフリー打ちでOK。変則押ししてもペナルティは発生しない。
 
千円(50枚)あたりの平均消化ゲーム数…約37.6G

出目と成立役

実戦上、強チェリーはやっぱりアツい

バジリスク~甲賀忍法帖~lllの出目の紹介

チャンス役の停止形はご覧の通り。下段ベルは通常時にはほぼ停止しないが、ART中に活躍する。

ART中の打ち方

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのART中の打ち方の紹介

ART中は押し順どおりにフリー打ちすればOK。押し順にミスするとRT状態が転落する可能性があるので注意しよう。
 
ART中1Gあたりの増加枚数 +1.7枚

初打ちポイント

ゲーム性

■チャンスゾーンの種類は3つ

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのゲーム性の紹介

争忍チャレンジと銘打たれたCZは「甲賀卍谷防衛戦・人別帖ミッション・駿府城ミッション」の3種類があり、後者になるほど成功期待度アップ。CZ高確中のチャンス役成立は、CZ突入の大チャンスだ。
 
■ボーナスが純増200枚にパワーアップ!
バジリスク~甲賀忍法帖~lllのゲーム性の紹介
リアルボーナスとなるバジリスクチャンスは純増約200枚。消化中はART抽選が行われ、瞳術絵柄揃いや7告知発生でART確定となる。リアルボーナスなだけに、ART突入契機としてだけでなく出玉増加要素としても重要な役割を担うことになりそうだ。
 
■争忍が自力バトルに
バジリスク~甲賀忍法帖~lllのゲーム性の紹介
今作の争忍の刻は毎ゲーム抽選の自力バトルへと変化。連続演出で勝利すれば勝利ストック確定となるほか、争忍の刻中に獲得したポイントによりバトル勝利時の報酬が変化する。新機能・無双連撃突入で大量ポイント獲得のチャンスだ。

CZは周期抽選

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのCZは周期抽選の紹介

ARTのメイン契機となるチャンスゾーンは最大256G周期で突入抽選が行われており、チャンス役などでそれが短縮される可能性がある。周期が近いかどうかは液晶出目で示唆。
 
CZまでの基本的な流れ
前兆ステージに突入→演出に発展→成功でCZに突入!!

CZ・争忍チャレンジ

バジリスク~甲賀忍法帖~lllの争忍チャレンジの紹介

CZは3種類あり駿府城は突入=ART確定となる別格の存在。突入しやすい甲賀衆集結と卍谷帰還は期待度だけでなく期待度の高い小役も異なり、前者はリプレイ、後者はベルがアツい役。チャンス役はどちらでもアツいぞ。
バジリスク~甲賀忍法帖~lllの争忍ちゃんレンジの紹介
甲賀衆集結は42%とCZの中で最も期待度は低いがリプレイを何度も引けば十分期待できる。特にRTに突入すればリプレイ確率がアップするので激アツだ。卍谷帰還はベルナビが発生するため期待度の高いベル揃いが頻発しやすく、期待度は75%、駿府城は15Gの間に確定告知が発生すればART連が確定。いずれもチャンス役成立は激アツだ。

ARTとボーナスで出玉を増やす

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのバジリスクタイムの基本仕様の紹介

ARTバジリスクタイム

1Gあたり+1.7枚 1セット平均約35G

お馴染みの追想の刻と争忍の刻で構成

 

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのART突入契機の紹介
バジリスク~甲賀忍法帖~lllのバジリスクチャンスの紹介
 
出玉増加のメイン機能はARTバジリスクタイム。今回BCはリアルボーナスとなり、出玉も約200枚取れるものの、確率はおさえられている。

ARTバジリスクタイムの流れ

バジリスク~甲賀忍法帖~lllのARTバジリスクタイムの流れの紹介

ART中の基本的な流れはご覧の通り。追想の刻から争忍の刻への流れは従来通りだが、争忍が自力継続に変更された他、上乗せ特化ゾーンである(真)瞳術チャンスが争忍継続時の特別報酬の扱いに、鬼哭啾々が真瞳術チャンスの入り口になっている。
関連動画
関連ブログ
関連アプリ

設置ホールを探す