ゲッターマウス

ぱちガブッ!ガイドステーションの、ゲッターマウス(アクロス)パチスロ機種情報になります。また台ごとの最新攻略情報やユーザーによる口コミ情報、プロによる実戦動画も随時更新中!

基本情報(基本スペック)

天井・ゾーン止め時

設定判別/設定推測/設定差

解析

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

演出

特集

基本情報(基本スペック)

機種概要

A PROJECTで初めてリール配列を完全再現。ネズミ3兄弟の法則などがそのまま楽しめる。設定6のボーナス合算確率は1/118。ボーナス中は誰でも挑戦できる技術介入要素がある。リーチ目以外でもボーナス察知が可能なチャンスアクションがあり、 楽しみ方がさらに広がった。

天井・ゾーン止め時

準備中

設定判別/設定推測/設定差

小役確率

ビッグ中 小役確率

ビッグ中の中段オレンジは奇数設定よりも偶数設定の方が出現しやすい!!
 

 
■オレンジA…順押しorハサミ打ちで斜めに揃うオレンジ
■オレンジB…変則押しで13枚役が獲得できるオレンジ
■中段オレンジ…順押しorハサミ打ちで中段に揃うオレンジ
 
ビッグ中のオレンジフラグは3種類。カウントすべきは中段オレンジで(順押しまたはハサミ打ちによる出現が条件)、設定の偶数奇数に応じて出現率に上のような設定差がある。ハナビのビッグ中・逆押し斜め風鈴と同じく、サンプルを集めれば偶奇判別に大きな効力を発揮する。

解析

基本スペック・小役関連

基本スペック

設定 BIG REG ボーナス合算
1 1/284.9 1/297.9 1/145.6
2 1/280.1 1/290.0 1/142.5
3 1/274.2 1/278.9 1/138.3
4 1/266.4 1/270.8 1/134.3
5 1/252.1 1/254.0 1/126.5
6 1/234.9 1/234.9 1/117.5
 

【ボーナス仕様】
■ビッグ
…343枚超で終了
最大純増310枚
■REG
…118枚超で終了
最大純増115枚 

 
●千円あたりの平均消化ゲーム数…34.1G~35.9G

攻略別機械割

完璧に打てば設定1でも機械割100%超!!
 

 
機械割の算出条件
 
■中級者機械割
○通常時の小役取得率…チェリー90% スイカ(1枚役)80%
○ボーナスを揃えるまでのゲーム数…ボーナス成立後3G目から1枚掛け
■上級者機械割
○通常時の小役取得率…チェリー90% スイカ(1枚役)80%
○ボーナスを揃えるまでのゲーム数…ボーナス成立の次Gから1枚掛け
■パーフェクト機械割
○通常時の小役取得率…チェリー・スイカ(1枚役)ともに100%
○ボーナスを揃えるまでのゲーム数…ボーナス成立の次Gから1枚掛け(単独ビッグは成立ゲームで揃える)
 
いずれもボーナス中はMAX獲得枚数を獲得

通常時の小役確率(3枚掛け時)

ゲッターマウス 小役確率

通常時の小役確率(合算)

ゲッターマウス 通常時の小役確率

ボーナス関連

各種ボーナスの確率

ゲッターマウス ボーナス確率

実戦値

通常時 各役出現率

※サンプルG数…2663G

各役成立時ゲッチュー演出発生割合

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

打ち方とチャンス役の停止型

DDT打法

 
スイカは配当が1枚なので、通常時は左リールにチェリーを狙うだけで十分。
むしろフリー打ちで怪しい出目が停止したらボーナスを狙う…というB-MAX的な打ち方でも構わない。DDT打法の数値的な効果は薄いと思われる。

1枚掛けボーナス判別

ボーナス中の打ち方

 
ビッグ中は予告音発生時に逆押しすると必ずオレンジが左下がりにテンパイするので、左リールに「ネリナ」をビタ押しして1回だけ13枚役を獲得しよう。以後は順押しフリー打ちでOKだ。
REG中は毎ゲームチャレンジすることが可能。何度でも出来るぶん難易度は高くない。

各フラグの特徴と1枚役の構成

 
ボーナス重複役はオレンジと特殊役。スイカは4種類ある1枚役と重複しており、スイカを引き込めないと1枚役のいずれかが揃う制御となる。ただし3種類の特殊役はスイカと重複していない。

リーチ目の一部

 
ここで紹介しているのはリーチ目の一部だ。基本的に初代ゲッターのリーチ目を継承しているが、中段チェリーなど新たに追加されたリーチ目もある。
また、初代では左リール「スリス」はスベって停止すれば1確目に昇格したが、そうした法則が通用するか否かは不明。プレイヤーが各々で調査する楽しみを残してくれている。

左リールチェリー付近リーチ目

※これらのリーチ目は順押しorハサミ打ち時(3枚掛け)のみ有効

2リール確定型のリーチ目

ゲッターマウス 2リール確定型 リーチ目

※上に掲載のリーチ目は3枚掛け・順押しorハサミ打ち時のみ有効

リーチ目がわかりづらければ中押しもあり!

 
 
 
初代ゲッターで変則打ちはタブーだったが(制御の特性で小役の取りこぼしが多発するため)、本機は中押しで特定絵柄を狙えば順押し&ハサミ打ちよりボーナス察知が容易になる。代表的な中押し手順は上記の3種類だが、中でもオススメは上段付近にネズミを狙う打ち方である。中→右で中段にネズミがテンパイした場合、右がジローならば無条件でボーナスが確定する。

変則押し時・ネズミ3兄弟の法則

初打ちポイント

右リールにネズミ絵柄は3つ

 
これぞゲッターマウスの真骨頂。本機には右リールにネズミ絵柄が3つあり、配列番号14がイチロー、8がジロー、2がサブローとなっている。
いずれもリーチ目の演出で重要な役割を果たすが、同じボーナス絵柄の組み合わせ型でもジローのみはNGとなるパターンが多い。騙されないようオレンジ絵柄を要チェックだ。

ボーナス

演出

ゲッチュー演出の期待度

 
レバーON時に予告音が鳴ったら、ゲッチュー演出が発生する合図。
当該ゲームが完結するまでの間、いずれかのタイミングで上部パネルのランプが点灯して成立役をナビしてくれる。
ランプの点灯パターンは単独と複数の両パターンがあるが、いずれの場合も対応役を否定すればボーナス成立の可能性大。
最も期待度が高いのはイチロー単独だ。

特集

準備中

「ゲッターマウス」に関連する機種一覧

関連動画

関連ブログ

関連アプリ

設置ホールを探す