パチスロ 闇芝居

パチスロ必勝ガイドの情報を掲載!パチスロ 闇芝居のスロット機種情報です。打ち方( 中押し 逆押し ボーナス中 )などの基本情報や天井の狙い目ゲーム数 恩恵などの立ち回り情報 設定6の機械割 設定判別 小役確率 終了画面 演出 ゾーン フリーズ確率などの解析、攻略情報を随時更新!

基本情報(基本スペック)

機種概要

『パチスロ 闇芝居』は、ボーナスタイプマシン。ビッグ中は、1期~3期の本編映像全39話をノーカットで楽しめる。自分で選択できるのも嬉しいところである。

ボーナス確率・機械割

 

天井・ゾーン止め時

準備中

設定判別/設定推測/設定差

小役確率

通常時・小役確率

通常時の小役は中段チェリーとベルに注目。中段チェリーは出現した時点で設定5or6確定かつ、2回以上出現した場合は設定6の期待度がアップする。ベルに関しては高設定ほど出現しやすいためカウント必須。ただし、分母が大きいため短時間での見切りは厳禁だ。

また、1枚役とリーチ目リプレイは成立=ボーナス確定。いずれも成立時はスイカテンパイハズレなどのリーチ目が停止する。

 

 

確定演出

REG中のキャラ紹介

REG中の闇画帳(キャラ紹介)で「少年」が出現した場合は設定5以上「おじさん」が出現した場合は設定6が確定する。いずれのキャラも紫の画面になるため、見逃す心配は無い。

※ビッグ中にも闇画帳を選択することができるが設定示唆要素はナシ

REG中のキャラ紹介振り分け

REG中の闇画帳における、キャラ紹介1回あたりの高設定確定画面選択率は消化ゲーム数に応じて変動。当日の消化ゲーム数が6000Gを超えた場合は選択率が6倍にまでアップするため「やはり6でしたか」…などの答え合わせができることも。

解析

ボーナス関連

小役別・ボーナス重複期待度

各役のボーナス重複期待度は上表の通りで、リプレイ以外には設定差がほとんど存在しない。スイカは50%でボーナスと重複成立しているため、スイカを引いた次ゲームは期待をこめてレバーを叩こう。

小役+ボーナス確率

成立時点で設定5以上が確定する中段チェリー重複を除くと、リプレイ重複以外のボーナスには設定差がほとんど存在しない。また、ボーナス成立後はリプレイ確率がアップするため、全ボーナスの当選契機を正確に見極めるのは困難。設定推測をする際は通常時のベルカウントが必須と言える。

単独ボーナス確率

本機のボーナスにおいて、最も段階的に設定差が設けられているのは単独ボーナス。ただし、こちらも成立を完全に察知するのは困難なため、現状では参考程度に捉えておこう。

ボーナス詳細確率

設定の高低で差が設けられているのはリプレイ重複REG単独REGのみ。リプレイ重複ビッグ確率は設定5<設定1&2<設定6という変則的な設定差が設けられているが、その差は僅かなのであまり気にする必要はない。

また、スイカ重複ビッグは設定5以下の確率を見ると設定の偶数奇数で若干の差が設けられているが、設定6の出現割合に関してはほぼ1対1なので参考程度に捉えておこう。

ボーナス当選契機内訳

ボーナス当選契機内訳は上表の通りで、全小役にボーナス重複の可能性があるうえ、単独ボーナスも存在する。

また、スイカ重複のビッグを引いた際は7揃いの色に注目。「スイカ+赤7ビッグ」は偶数設定ほど「スイカ+青7ビッグ」は奇数設定ほど出現しやすいといった特徴がある。さらに、「リプレイ+REG」は高設定ほど出現しやすくなっているのでそちらも要注目だ。

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

通常時の打ち方

通常時の小役狙い手順

通常時は左リール枠上or上段にBARを狙い、右リールをフリー打ち。左右でスイカがテンパイした際は中リールにスイカを狙おう。チェリーに関しては角チェリーと中段チェリーの2種類のみで、角チェリーに強弱の概念は無い。

また、本機はボーナス成立後にリプレイ確率が大幅にアップする仕様となっているため、リプレイが3連以上した場合などはボーナスに期待できる。

ボーナス中の打ち方

ボーナス中の技術介入手順

●ビッグ中の技術介入手順
逆押しで右&中リールをフリー打ち後、左リール枠上~上段にBARを狙う。
→1度だけ14枚役を獲得したら以降は順押しフリー打ちで消化
 
●REG中の技術介入手順
順押しで左リール枠上~中段にBARを狙う。
→1度だけ14枚役を獲得したら、以降は順押しでBAR付近を避けて消化。

演出

準備中

特集

取材レポート

◆取材レポートはコチラから!!

「パチスロ 闇芝居」に関連する機種一覧

関連動画

関連ブログ

関連コミック

関連アプリ

設置ホールを探す